FC2ブログ

「ナカチョとホカチョ」で演奏してきました(?)

WINS阿佐ヶ谷結成のきっかけはご存知の通り、2016年5月のアカペラ教室での「模範」(?)演奏でしたが、今回再びお声がけいただき、初心に戻って出演させていただきました。会場は南麻布・セントレホール。

今回は「ナカチョとホカチョ」ということで、ナカチョはWINSのナカチョ率いるアカペラ教室のみなさん、「ホカチョ」こと外園先生のギター教室のみなさん、それにご縁あってハワイアンバンドの方々との合同開催。両方に出演、という方もいらっしゃったりして、みなさん多才ですね。自身がアカペラやってていうのもなんですが、やっぱり楽器の音があるというのは、楽しいです。

偉そうなものいいになってしまうのですが、こういういろんなレベルの演奏が聴ける機会っていうのはそれなりに面白く、何より自身も「成長過程」にあるバンド(我々も例外ではなく)にとっては、お互いにいろんなバンドの面白いところ、盛り上がるところ、興味深い部分…を演奏だけでなく舞台上の全てから感じ取って、それを自分なりに「分析」「咀嚼」できる貴重な機会でしょう。
例えば、「このバンドの演奏は正直レベル的にはまだまだだけど、なぜか引き込まれるな~」や、逆に「(音楽的には)うまかったけど、興味を引かないな、何故だろう」など、とても色々な刺激をもらいます。
いつも個人的にはいっていることなのですが、それなりのものを支払えばいくらでも「ちゃんとした演奏」だけなら聴く機会はあるものです。私が聴きたいのは、演奏する側の方々の「思い」であって、「こういう演奏がしたい」「こういう風に歌いたい」という思いがびしびし伝わってくるような演奏に出会えたときは、思わずニヤリとしてしまいます。
演奏上でそれがちゃんと反映できているかどうか、技術的にウマイかヘタかはもちろん個々にあるのですが。
単にウマイかヘタか、ではなく、そういう演奏が大好きなのです。

ありがたいことに一般のお客様も想定外に多く来ていただいたので、会場は嬉しい悲鳴。

加えてリハーサルでの時間オシが尾を引いてしまい、残念ながらWINSとしては当初演奏予定から2曲削っての演奏になってしまいましたが、にも関わらずあたたかい会場の雰囲気もあって大盛り上がりとなりました。

なんと「WINS Cardの歌」始まり、という荒業。

今日初めて我々の演奏をお聞きいただいた方には、「いったいどんなグループなんだ?」と思われちゃったことでしょう(^^;

今回は我々のライブというわけではなかったので、WINS Cardならぬ「五人囃子 de 驢馬駱駝」(3月3日に予定のライブ)のチラシを盛大に配布させていただきました。
vlcsnap-6611-06-07-08h35m23s391.jpg
▲わか、フライヤー絶賛配布中(演奏中!?)

しかし会場からは「(WINS Card)持ってるよ~」といった声もかけていただき、とてもありがたかったです。

演奏後は出演者のみなさんも巻き込んでの「撤収作業」と慌しかったのですが、いつものように早々に着替えて、などと思っていたらなぜかその場でアイドル歌手ばりの「撮影会」になってしまう、という余録(?)まであり、初めてのことにとまどうばかりのばらーきぃでございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばらーきぃ中山

Author:ばらーきぃ中山
男声カルテット・WINS阿佐ヶ谷のメンバー・ばらーきぃ中山が、遠く千葉の地より(笑)極私的に、きまぐれに、「生産性あんのかよお前は」、といった程度で、ゆるゆると情報発信しております。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR